読書のアウトプットならブログがおすすめです!

読書のアウトプットならブログがおすすめです!

アウトプットしたい人
アウトプットしたい人

読書したあとにアウトプットするならブログがオススメな理由ってなんですか?

こういった疑問にお答えいたします。

読書が好き+ブログが好きでしたので、このブログで何回かアウトプットを

とおしてブログで本を紹介していきました。

そんなぼくが読書のアウトプットならブログがオススメなところについて

書いていきたいと思います。

それでは、行きましょう。

読書のアウトプットならブログがオススメな理由【3つ】

読書のアウトプットならブログがオススメな理由【3つ】

読書のアウトプットをするならブログがおすすめです。

なぜ、ブログがオススメかと言いますと、

以下が理由です。

  • お金が稼げる
  • 記録として残る
  • フィードバックがもらえる

お金が稼げる

最初にゲスい話しを持ってきて、すいません\(^o^)/

ですが、シンプルに考えてみてください。

自分のノートに読書のアウトプットしても、お金は稼げませんよね?

いわば可能性でいえば、ブログのほうがお金を稼げる可能性は高いです。

メインはアフィリエイトとGoogleアドセンスです。

アフィリエイトというのは、紹介料のことですね。

ブログで、本を紹介してそのブログのリンクから購入すると、

一定の割合で成果が発生して、その成果分がもらえるという仕組みです。

Googleアドセンスは、Googleの広告でクリックごとに収益が発生します。

また、文章を継続して書いていけば、

ライティングスキルもグングンと伸びるでしょうから、

ランサーズクラウドワークスあたりで、

ライティングワークとかもいいかもしれません。

読書のアウトプットを兼ねてお金を稼げるのはいいですよね。

もちろんカンタンには稼げるということはありません。

ですが試行錯誤を繰り返しながら、

継続していけばきっと稼げるようになりますよ。

自分もはじめて自分のブログから発生したときは、

めちゃくちゃうれしかったのを覚えています。

記録として残る

ブログでアウトプットをして、

記事を公開し続けると読んだ本が記録になります。

月ごとにアーカイブやジャンルの設定なども行えば、

しっかりと自分の読書記録としても機能します。

去年は100冊読んだとか今年は200冊読んだなどもわかります。

また、はじめてアウトプットした本から最新のアウトプットした本などを

比べると自分の成長も実感できますよ。

成長を実感できるので、さらに読書のアウトプットも進みます。

そんな好循環な体験を持続することでより、自分も成長したことがわかるはずです。

フィードバックがもらえる

ブログではコメント機能を開放すればフィードバックがもらえることもあります。

また、ツイッターなどで自分のブログ記事を更新したときにツイートしたりする

とフィードバックがもらえやすくなるのでおすすめです。

ブログにたいしてコメントをいただけると励みになりますし、

特別にいい記事だったら、いいねやリツイートしたりなどして、

自分のアウトプットにたいしてフィードバックがもらえるのも

読書をブログでアウトプットするのもおすすめな理由です。

読書のアウトプットするときのブログフォーマットについて

読書のアウトプットするときのブログフォーマットについて

最速でスタートしてもらいたいので、ブログのフォーマットを提供します。
以下がフォーマットですm(_ _)m

  • 概要
  • 要約
  • 自分の感想
  • まとめ

これを各見出しにして、本のタイトル+概要のようにすればOKです。

ぶっちゃけフォーマットがなくても書ける人は、

読み飛ばしてもらってOKです。

悩んで書くのが嫌になるぐらいだったら、

このフォーマットを利用してアウトプットしたほうが、

100倍自分の成長につながると思います。

概要

最初に本の概要を紹介しましょう。
基本的に以下の情報があれば大丈夫だと思います。

  • 本のタイトル
  • 本の作者

概要部分には本の基本的な情報を書いていきます。

本のタイトルはもちろんですが、

ここでは作者の情報を厚めに紹介しておくといいと思います。

本の裏表紙に作者のプロフィールが載っていたり、

Amazonの販売ページで作者の経歴がわかりますので引用するといいですね。

本の要約(本の大切なポイント)

本の要約を紹介します。

要約と聞くとむずかしそうに聞こえますが、

本の大切なポイントを3つほど抽出するような認識で書くといいと思います。

この本を理解する3つだけと聞くとカンタンにできそうですよね?

なぜ3つなのか?と言いますと、ぼくの経験からなんですが、

1つだけだと本の紹介に不足があるように見えるためです。

正直、1つのことを展開できればいいのですが、

凡人のぼくには紹介する本の大切なポイントを、

3つ紹介する形式したほうが、

アウトプットの量が増えましたので、

こっちのほうがいいかなと思います。

読んでほしい人

この部分では、この本を読んでほしい人を伝えましょう。

サラリーマンなのか、学生なのか

本によって、

書く人によって読んでほしい人は変わるはずです。

どういう人にとって役立つ本なのかが、わかれば読みたいと思う気持ちも湧いてきます。

まとめ

まとめ部分では、今回紹介した本をあらためて紹介します。

おさらいみたいな形で、箇条書きのリストでまとめればいいと思います。

イメージとしては、このまとめ部分を読むだけでも、

どういった本を読んだのか理解できるようなイメージですね。

読書のアウトプットならブログがおすすめのまとめ

本記事のポイントをまとめます。

読書のアウトプットをするならブログがオススメな理由は、

  • お金が稼げる
  • 記録が残る
  • フィードバックがもらえる

です。

読書をブログでアウトプットするときのテンプレートは

  • 概要
  • 要約(本の大切なポイント)
  • 読んでほしい人
  • まとめ

です。あくまでも参考程度にしていただきまして、

各自修正してお使いくださいm(_ _)m

アウトプットをはじめた当初は、かなり大変でしたがだいぶ慣れてきたと思います。

アウトプットの大事さは、この記事と本から学びました。

読書のアウトプットならブログがおすすめです!

黄金のアウトプット術アイキャッチアウトプットが必要な理由とおすすめの方法!【書評記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください