IFTTTでブログの更新ツイートを自動化する方法

IFTTTの自動化を知りたい人
IFTTTの自動化を知りたい人

IFTTTで、ブログの更新ツイートを自動化できる方法はないですかねー?

できれば、画像付きで説明してください!

このような、疑問に答えます!

ぼくは、IFTTTを利用してブログ更新の自動化ができました!

本記事では、

IFTTTを使って「ブログを更新したら、Twitterにブログ更新をツイートする」

という自動化を画像をつかって説明します。

それでは、行きましょう!

IFTTTとは

IFTTTはサービス同士を連携させるWebサービスです。
サービスは、ネット接続できるlot機器にも対応しています。

このサービスのIFTTTですが、以下の頭文字をとっています。

IF、This、Then、That

意味としては、「もし、〇〇したら、〇〇であれば、〇〇する」です。

この〇〇にIFTTTに対応しているサービスを入れて、自動で実行してくれます。

具体例をいいますと、

・翌日の天気予報をLINEに通知する。
・Gmailを受信したら、Evernoteに保存する。

などです。

ちなみに、この記事では「もし、ブログを更新したら、Twitterへ投稿する。」
というような、自動化をIFTTTで実行します。

次は、実際のやり方を画像で説明しますね。

iftttでブログの更新ツイートを自動化する方法

IFTTTで設定する前に準備します。

これがないと、自動化できないので各自お願いします!

準備するもの

準備するものは2点です。

  • IFTTTのアカウントを作成しておくこと。
  • 自分のRSS URLを取得しておくこと。

まずIFTTTでは、アカウント作成しないとこの自動化ができませんので、アカウントの作成をお願いします。m(_ _)m

また、RSSのURLは、ブログが更新内容を把握するために必要です。

自分のサイトのRSS URLは、以下のリンクから確認できます。

https://berss.com/feed/Find.aspx

IFTTTの設定方法

Createをクリックする
「+This」をクリックする
RSSを検索する
RSS Feedをクリックする
New feed itemをクリックする
Feed URLを入力し、Create triggerをクリックする
「+That」をクリックする
Twitterを検索する。
Post a tweetをクリックする
投稿するテキストを編集する。
終わったらCreate actionをクリックする
自分がつくったAppletsの名前を修正する。
Finishをクリックする。

完了!

お疲れさまでした!完成です。一応ブログ更新して、自分でも確認することをおすすめします。m(_ _)m

完成例と投稿するツイートの補足

さきほどのステップで完成したツイートが以下です。

参考にどうぞ!

STEP10のツイート内容について補足です。

ツイート内容の{{EntryTitle}}ってなんだよって思われたかもしれません。

これについて説明します。

カンタンにいうと、Feedで取得した情報のタグです。

ぼくのツイートでいうと、

記事のタイトルとブログ名と記事のURLを

IFTTTで設定したというわけです。

タグを追加したい場合は、

Add ingredientから設定することが可能です。

タグについて調べたらこんな感じです。

  • EntryTitle:記事のタイトル
  • EntryUrl:記事のURL
  • EntryAuthor:投稿者名
  • EntryContent:わかりません!
  • EntryImageUrl:わかりません!
  • EntryPublished:わかりません!
  • FeedTitle:ブログ名
  • FeedUrl:ブログのURL

また、140文字以内なら#ハッシュタグも追加可能ですので、お好きに修正してみてください!

まとめ

本記事では、IFTTTでブログを更新したときに自動でツイートする方法を解説しました。

IFTTTでは、今回紹介していないWebサービスやlotなどにも対応しているので、

興味があるかたはIFTTTにアカウント登録して、試してみてはいかがでしょうか。

この自動化で、読んでくれたかたの生産性が上がればいいなと思います。

それでは、また!

参考になったサイト

https://qiita.com/donchan922/items/7389a76cc666a5f9d3b4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください