すぐ売る技術が知りたい?それならこの本!

売れない時代にすぐ売る技術

ブログを始めたばかりの人や知識とかないけど、

仕事でネットショップを任されて、右も左も分からなくて困っている

そんな方々にとって、今回紹介する本で悩みを解消しましょう。

この本には、すぐに売上をアップさせるテクニックが

随所に散りばめられており、参考になりますよ。

MEMO
著者は大原昌人さんです。元楽天のwebプロデューサーで数々の企画に参画した経験をお持ちです。

本のタイトルにもあるとおり、4000万人の購買データを根拠にしているため

数字で上がり下がりを判断していると思うため、

本の信頼性は高そうですね〜

それでは、本のアウトプットも兼ねて

少しだけ本の内容を紹介していきますね。

売上=訪問数×転換率×客単価

売上を定義すると、見出しのように

売上=訪問数×転換率(コンバージョン)×客単価

と定義します。

売上が思ったように上がらないという悩みがある場合は、

  • 訪問数
  • 転換率(コンバージョン)
  • 客単価

どれかの数字が悪いということになります。

逆に言えば、売上を構成する要素をアップすることができれば、

売上をアップさせることができるというわけです。

すぐ売る技術とは、転換率(コンバージョン)をアップさせること

本のタイトルにある「すぐ売る技術」とは、

転換率(コンバージョン)をアップさせる

この転換率を向上させることができれば、

短期的に結果、つまり売上を上げることに直結しやすい。

次はどういうことをすれば転換率(コンバージョン)をアップさせることができるのかを書いていきますね。

転換率(コンバージョン)をアップさせる具体例

すべてを紹介するわけにはいきませんので、一部だけ紹介しますね。

それは商品のタイトルキャッチコピーです。

このタイトルを以下のワードを意識して、

商品タイトルを作成すると転換率(コンバージョン)の向上に効果ありますよ。

  • 時間、期間
  • 実利

時間、期間は本日限定やタイムセールなどで、今買わないと損をしてしまうということをユーザーに意識させます。

数は限定10個などで、限定感を演出させることができます。

自分も限定という言葉に弱いので、少し納得した次第ですm(_ _)m

実利は、送料無料やポイント3倍などでユーザーに対してメリットを強調することができます。

このほかにも、転換率(コンバージョン)をアップさせる方法が

多く記載してあり、コスパ良いですね。

ブログへの転用は?

訪問数や転換率、客単価をアップさせる具体的なテクニックが大量にあるので、
ブログにも転用できそうな部分はあったので、この本を買ってよかったです。

個人的に、松竹梅理論や合わせ買いのストーリー性が必要という部分が参考になりました。

自分が買う側になれば、理解できそうな部分なのですが

いざ作る側に行くと、どうしても軽視しがちなことが多いので、

改めて利用者側の目線に立つことが必要ですね。。

すぐ売る技術のまとめ

本のポイントをまとめます。

  • タイトルのすぐ売る技術とは、転換率を上げるテクニックのこと。
  • 売上は、売上=訪問数×転換率×客単価という式で表せる。
  • 売上を構成する要素の、訪問数、転換率、客単価をアップさせる豊富な具体例がある。

具体的なテクニックが大量にあったので、参考になる部分が多かったです。
あとは実践のみですね!

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください