【2021年】VODサービスのおすすめ8選!

VODサービスアイキャッチ

スマートフォン・タブレットなどの携帯端末や、

PCから映画やドラマを見たいときに視聴できるのが、

VODサービスの最大のメリットです。

各VODサービスには、料金体系や視聴することのできるコンテンツの数、

ジャンル幅にそれぞれの特色があります。

ここでは人気のVODについて、

それぞれのサービス概要やおすすめの作品や利用するメリットなどについて解説します。

パラビ:国内ドラマ配信が充実している

パラビは、TBS、テレビ東京、WOWOW、日経新聞、電通、博報堂の6社が設立した

定額制の動画配信サービスです。

特徴は、国内ドラマが充実していることにあります。

配信されているドラマは、TBSやテレビ東京のドラマだけではありません。

ドラマ最新話の見逃し配信が充実しているばかりではなく、

過去に人気のあった名作の配信にも力を入れています。

いずれのドラマも第一話から配信されているので、見逃しを視聴でき、

好きなドラマを最初からじっくりと楽しむことも可能です。

また国内ドラマ以外にも、バラエティ番組やアニメ、海外ドラマ、映画も配信されています。

料金は定額制です。定額のベーシックプランを契約すればほとんどすべての作品を視聴できます。

ただし、一部の有料動画には別途支払いが必要です。

バラビを利用するメリットは、

国内の人気ドラマシリーズを過去の作品も含めてすべてを視聴できることにあります。

https://www.paravi.jp/

FOD PREMIUM:フジテレビ制作のドラマや映画が特徴

FOD PREMIUMはドラマ、バラエティ、アニメ、映画などフジテレビが

制作した動画の配信を中心にしたサービスです。

ドラマやバラエティ番組でフジテレビで現在放送中のものを見逃しても

「見逃し配信」を利用して好きな時間に視聴することができます。

一番特徴があるのは、年代別に区分されたテレビドラマのジャンルです。

1980年代以前、1990年代、2000年代に分かれていて昔懐かしいドラマを年代別に楽しむことができます。

FODの利用料金は月々の定額制で、他のVODサービスと比較してかなりの低価格で利用できることが特徴です。

FODで配信されているのは、フジテレビ制作以外も含めると約3,000作品になります。

見逃し配信などは、定額の枠内で見放題です。しかし、作品によっては見放題の対象外になります。

それら対象外作品の視聴はオンラインによるレンタル形式です。

レンタルには月額会員としての登録が必要になります。

FODのメリットは、登録すると「FODマガジン」を利用できるようになることです。

買おうとすると躊躇してしまう100種類以上の雑誌を「FODマガジン」で読むことができます。

[PR]

Amazonプライム・ビデオ:Amazonプライム会員サービスの1つ

Amazonプライム・ビデオの定額内で見放題になるジャンルは映画、ドラマ、アニメなどです。

これらにAmazonオリジナルの作品を加えると3万本以上を定額の枠内で視聴することができます。

Amazonプライム・ビデオの作品は、ダウンロードしてオフラインで視聴可能です。

オリジナル作品と過去の名作以外の新作を視聴する場合には、

別途追加料金が発生するので注意しなければなりません。

また、有料のレンタル作品はスマホアプリからはレンタルできないので、

ブラウザなどからのアクセスが必要になるので少し面倒です。

Amazonプライム・ビデオは、Amazonプライム・ミュージックやAmazonプライム・リーディングなどと同じようにAmazonプライム会員の中に組み込まれたサービスになっています。

Amazonプライム・ビデオのメリットは、プライム会員になることによって、

Amazonでの買い物の配送料が無料になったり、

お急ぎ便や日時指定などが無料になったりする配送特典が利用できることです。

それに加えてプライム会員の安い月額料金でビデオ、音楽、本を楽しむことができます。

Amazonプライム・ビデオ

U-NEXT:ライブ配信や舞台公演まで幅広く楽しめる

U-NEXTの特徴は見放題作品数が多いことです。

新作映画の配信にも強みがあります。

劇場公開から配信開始までの期間が短いので、最新の映画をいち早く視聴できることでも好評です。

U-NEXTが配信している作品数は21万本以上になります。そのジャンルは映画、

ドラマ、アニメの他にNHKオンデマンドや人気アーティストの舞台公演などのライブ映像など多岐にわたるものです。

動画の他にも、電子書籍や漫画などを定額の枠内でダウンロードすることができます。

U-NEXTのメリットの一つが定額の約半分の額に相当するポイントが毎月付与されることです。

このポイントはレンタル作品の視聴や有料映画や漫画などにも使えます。

また、U-NEXTは、一つの契約で同時に4人まで利用可能です。

別々のアカウントで4人まで無料で追加することができます。

映画などすべての作品はダウンロードすることが可能です。

Wi-Fiの環境でダウンロードしておくことでオフラインで視聴できるので、外出先でも快適に楽しめます。

U-NEXTのレビュー記事も書いてますので、あわせて読んでみてください。

【U-NEXTレビュー】オススメ理由からメリット、デメリット、よくある質問まで徹底的に解説します!

U-NEXTをレビューしますアイキャッチ【U-NEXTレビュー】オススメ理由からメリット、デメリット、よくある質問まで徹底的に解説します!

本ページの情報は20年6月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Abemaプレミアム:アニメとオリジナル動画が充実している

Abemaプレミアムは、無料のインターネット配信局AbemaTVの見逃し番組などが見放題となる有料版です。

Abemaにはドラマやニュース、アニメなどの約30チャンネルがあります。

会員登録なしでは、テレビと同じようにその時間に放送されている番組しか視聴することはできません。

プレミアム会員として有料登録することで、シリーズのアニメなどの無料では視聴できない動画もすべて視聴できるようになります。

Abemaプレミアムの特徴は他のVODで見ることのできない独自番組が多いこととアニメのチャンネル数の多いことです。

Abemaプレミアムの動画はすべてダウンロードが可能になっています。

Wi-Fi環境でダウンロードしておけば、通勤中の視聴も快適です。

Abemaプレミアムはアニメが充実していることは既に触れましたが、

おすすめの作品はAbemaオリジナルの恋愛ドラマシリーズでしょう。

「オオカミちゃんには騙されない」や「さよならプロポーズ」など、

テレビや他のVODでは見ることのできないストーリー展開を楽しむことができます。

オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMA】

低価格で充実のdTV

dTVは携帯電話サービスの大手NTTドコモが提供する定額制の動画配信サービスです。

他のVODサービスと比較すると格段に安い定額料金で視聴できるところに特徴があります。

ジャンルは映画やバラエティ、ドラマ、音楽など幅広く網羅していてコンテンツ数は12万本以上です。

特に音楽系のコンテンツは充実しています。

一つのアカウントで5台までのスマートフォンやタブレット、PCなどマルチデバイスに利用登録が可能です。

ただし、同時に視聴できるのは一つのデバイスだけです。複数人での使用はできません。

dTVでは動画をダウンロードすることができます。

一つのアカウントで5台まで登録できるので複数端末にダウンロードすることで好きなときに好きな端末で楽しむことが可能です。

また、dTVにはムービーコミックという独自のコンテンツがあります。

ムービーコミックは、漫画の画面に効果音や音声、BGMなどを加えて楽しめるようした映像作品です。

おすすめの作品は、「名探偵コナン」シリーズです。

最新話を含めて全900話以上の漫画を動画として初めから見ることができます。

[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。
簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!

Hulu:日本テレビ作品と最新の海外ドラマが充実の

Huluは動画配信サービスとして日本テレビが運営しています。

日本テレビの運営ということで、日本テレビの作品や海外ドラマが充実しているのが特徴です。

定額制の動画配信サービスで、追加料金なしで視聴できる見放題作品の数は6万本以上。

ジャンルは、国内外のドラマや映画、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリーに加えてライブ配信もあります。

ライブ配信では、巨人軍主催の野球ゲームを全試合リアルタイムで視聴可能です。

Huluでおすすめの作品は、やはり日本テレビで放送されている人気番組に関連するコンテンツでしょう。

アニメでは「名探偵コナン」や「アンパンマン」、バラエティでは「有吉の壁」など、見逃してしまいがちな作品を楽しむことができます。

また、他のVODでは配信されていない、日本初上陸の海外ドラマも魅力です。

これらはいずれも追加料金なしの見放題に含まれています。

日テレドラマ

ネットフリックス:オリジナル作品が面白い

ネットフリックスは、定額制ですが画質や使い方によって3種類の料金プランに分かれています。

ベーシックでは、画質は標準で同時視聴できる機器数は1台です。

スタンダードになると、画質が高画質で2台まで同時に視聴できます。

超高画質で4台まで同時に視聴できるサービスがプレミアムです。

ただし、超高画質に対応している作品は少ないので注意しなければなりません。

どのプランでも配信されている全作品を見ることができます。

ネットフリックスでおすすめの作品は、

1987年から1995年に米国ABCテレビで192話放送された人気コメディ「フルハウス」の

スピンオフ作品の「フラーハウス」です。

吹き替えの声優陣も同じで、ネットフリックスのオリジナル作品として配信されています。

もう一つのおすすめが「ハウス・オブ・カード 野望の階段」です。

シーズン1の総制作費が100億円で話題となりました。

ネットフリックスのオリジナルドラマであり、エミー賞やゴールデングローブ賞を受賞したヒット作で、

シーズン6まで配信されています。

https://www.netflix.com

VODの選択は目的に合わせることが大切

国内ドラマを中心に見たい場合は、

国内のテレビ局などが配信に関わっているパラビ、FOD、huluなどが充実しています。

アニメ作品が多いのはAbemaTVです。

dTVは低価格で音楽関係のコンテンツが充実しています。

ネットショッピングや他のサービスも含めてお得感があるのはAmazonプライム・ビデオでしょう。

U-NEXTは新作映画に強く、ネットフリックスは海外の人気ドラマが充実しています。

VODは目的に合わせて選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください