【映画】水曜日が消えたの感想

水曜日が消えたアイキャッチ

こんにちは!小林ケータです。

2020年6月29日に映画の「水曜日が消えた」を観てきましたので、感想文を書きます。

正直に言いますと、「わたしの若草物語」を観たかったのですが、

予定の関係で、上映時間が合わず、でも映画館で映画を観たかったので、

映画のタイトルとジャケ写の直感で、この映画を観ました。

あらすじと映画情報

幼い頃の交通事故をきっかけに、ひとつの身体の中で曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”。性格も個性も異なる7人は、不便ではあるが、平穏に暮らしていた。各曜日の名前で呼び合う彼らの中でも、“火曜日”は一番地味で退屈な存在。家の掃除、荷物の受け取り、通院、、、他の曜日に何かと押し付けられて、いつも損な役回り。今日も“火曜日”はいつも通り単調な一日を終えると、また一週間後に備えて、ベッドに入る。
それは突然やってきた。“火曜日”が朝目を覚ますと、周囲の様子がいつもと違うことに気付く。見慣れないTV番組、初めて聞く緑道の音楽…そう、“水曜日”が消えたのだ。
水曜日を謳歌する“火曜日”だったが、その日常は徐々に驚きと恐怖に変わっていく。残された“火曜日”はどうなってしまうのか―。

引用リンク:http://wednesday-movie.jp/

とまあ、こんな物語ですな!

正直に言いますと、タイトルが「水曜日が消えた」だったので、

タイムループもののSF映画を想像しておりましたw

映画のジャンルはサスペンスとなっていましたが、

ハラハラと心理的に迫ってくるものが少ないので、

気軽に観れる映画じゃないかなと思います。

映画情報【出演者とスタッフ】

出演者
  • 火曜日:中村倫也
  • 一ノ瀬:石橋菜津美
  • 瑞野:深川麻衣
  • 新木:中島 歩
  • 高橋:休日課長
  • 安藤:安藤
スタッフ
  • 監督・脚本・VFX:吉野耕平
  • 音楽:林 祐介
  • 撮影:沖村志宏
  • 照明:岡田佳樹
  • 美術:丸尾知行
  • 録音:山田幸治
  • 編集:佐藤 崇
  • 音響効果:柴崎憲治

水曜日が消えたの感想

上映中にメモをするわけにもいかなかったので、

ポイントごとに覚えているものをピックアップしました。

感想:①サイドミラーに映る鳥

サイドミラーに映る鳥は1羽だったが、事故の影響でミラーが割れており

反射の屈折によって、7羽まで増えていた。

たぶん、これは主人公の人格を表現したものだと思う。

覚えているということは、それだけ印象的なシーンだと思います。

感想:②1年が52日しかない人生

主人公は曜日ごとに人格が変わります。だが記憶は引き継がれないし、経験も引き継がれない。

そのため、各曜日が日誌をつけて経験を翌日へ共有している。

また付箋を使って曜日ごとにコミニュケーションをとっている。

ぼくも明日の自分へ今日の自分を引き継ぐように、日誌を書くのがいいのかなと思いました。

そうすれば、自分が経験したこともそのまま通り過ぎたりせずに、

ひとつずつ楽しめて、学んでいけるのではと思ったので、実行してみようかなと思った。

各曜日のコミュニケーションで印象的だったのは、エンドロールで流れる付箋を使ったコミュニケーションが印象的だった。

曜日ごとに特徴があって、なんだかほっこりした気分だった。
ある曜日は、イラストだけだし、各曜日ごとに個性が出ていた。

感想:③火曜日がかわいかったw

とある場面で、露天の花屋でバラを買って歩き出して、

歩道にある円柱の縁石をジャンプしながら渡るシーンがあるのですが、

中村倫也さんが演じる火曜日がとてもかわいかったw

いつも損な役回りをしているからか、

ジャンプしてはしゃぐほどにうれしいのかと思いました。

感想:④一軒家に住んでいるけど、どうやって生活しているのかな?

最初は仕事している描写がなかったし、両親の描写がなかったので、

事故の保険とか遺産で生活でもしているかなと思った。

でも、イラストの締め切りの電話のシーンがあったので、

どの曜日なのかはわからないけど、仕事もしているみたいでした。

水曜日が消えたの感想のまとめ

久しぶりに映画を観に行きましたが、なかなか面白かったです。

やっぱり映画館で観る映画は、迫力が違いますし、楽しいですよね。

水曜日が消えたですが、小説版も販売されているみたいです。

気になる方は、本のほうも読んでみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください